【Study】子育てしながら独学で宅建に合格した私がしていた勉強の流れ

f:id:todayisthefirst:20210615142642j:image

今年宅建試験受験される方、勉強お疲れ様です!

 

 

前回の続き


・子育て中や仕事をしていて学校に通えない

・主婦で学校に通うお金や通信教育費が捻出しづらい(私自身がまさにこれで、自分の為に高額な授業料を払う事に気が引けるなぁと感じていました。)

・学校に通う時間が無く自分の好きな時間・隙間時間で勉強したい!

 

 

毎年10月に試験がある宅地建物取引士ですが

受験申し込みは7月なのでこれから受験してみようかな?と思われている方

 


本気を出せばまだ間に合います!!

 

 

 

実際に私が合格出来るまでにしたこと

 

 

 

f:id:todayisthefirst:20210613151346j:image


①まずはテキストと、過去問がなるべく沢山ついている問題集(最低でも10年分)を購入

 


宅建試験に実際に出た問題をスマホで解答できる宅建アプリをダウンロードし、外出中など暇があればアプリを開き問題を解く

※意味がわからなくても読み、とにかく回答してみる

 

無料で使えるこちらを利用していました!

f:id:todayisthefirst:20210614140623j:image

 

 

SNSで勉強アカウントを作る

 

 

勉強の進め方の順番としては

一番に宅建業法から取りかかり、宅建業法→法令上の制限→税・その他→権利関係の順で進めていくのが良いです。

 

宅建は50問中合格点が34-38点と

毎年変わるのですが


比較的簡単で、勉強さえすれば満点取れると言われている宅建業法が50問中20問あるので

ここで満点(20点)を取れているとかなり合格に近づけます。

 


次に、ひたすら暗記項目の

 

▪︎法令上の制限

▪︎税・その他

 


そして最後に、聞き慣れない言い回しなど

最初の勉強に慣れていない頃は拒否反応が出てやる気を無くしてしまう、

民法用語が沢山出てくる権利関係に取りかかった方がスムーズだと思います。

 


3回受験勉強した中で色々試し、本当に役に立ったテキスト

 


 

 

宅建は毎年過去問から出題される問題が多く、とにかく過去問を解きまくる事が

一番なのですが

こちらのテキストは、過去に実際出題された問題の部分には

 

赤線+何年度に出題されたか

 

をわかりやすく表記してくれていて、独学での勉強は手探りでしたが

効率よく勉強する事ができました。

 

このテキストのおかげで合格できたようなもんです!

 

もっと早く手にしたかった、、、

 

 
同じような境遇の方の何かお役に立てますように。